新NISAとFANG+で全力投資!?高リターンを狙うが危険性も

finance Uncategorized
記事内に広告が含まれています。
moomoo証券【WEB】

Last Updated on 2024年6月9日 by カメキチ

仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

投資をはじめるうえで、節税は大切な要素の一つです。新しく導入される新NISAは、投資初心者にとって魅力的な選択肢となりそうです。本ブログでは、新NISAの概要と、リスクが高いものの高リターンが期待できるFANG+への投資について解説します。FANG+の投資方法の参考になれば幸いです。

1. 新NISAとは

finance

新NISA(少額投資非課税制度)は、2024年に導入された制度で、投資を始める人々にとって魅力的な選択肢となりました。この制度では、特につみたてNISAの投資枠が大幅に改善されており、より多くの人々が投資を始めることができます。

新NISAには以下の特徴があります:

  • つみたて投資枠と成長投資枠に分かれています。
  • つみたて投資枠では月10万円まで投資が可能であり、成長投資枠では月20万円まで投資が可能です。
  • つみたて投資枠と成長投資枠を併用することができます。
  • 1人あたりの生涯投資枠は1800万円であり、つみたて投資枠は1200万円です。
  • 商品の売却しても翌年に非課税投資枠が復活します。

新NISAでは、特につみたて投資枠を活用することをおすすめします。つみたて投資枠は、毎月最大10万円まで投資することができます。つみたて投資枠は、リスク許容度を考慮して始めることが重要です。

つみたて投資枠の利点:

  • ドルコスト平均法の効果が得られます。
  • 積立投資が可能であり、無理のない金額で投資を始めることができます。
  • 長期間の積み立てを継続することで、リスクを下げることができます。
  • リーマンショックやコロナショックなどの市場変動にも比較的安定的に対応することができます。

新NISAのつみたて投資枠は、堅実なリターンを期待することができます。ただし、投資先や利益の確保にはリスクが伴いますので、自身のリスク許容度を考慮しながら投資を行うことが重要です。

次のセクションでは、つみたて投資枠で利用できる注目の商品について紹介していきます。

2. FANG+の紹介

technology

FANG+はアメリカのIT大手企業の株価指数です。以下の10銘柄から成り立っています。

  1. メタ(旧フェイスブック)
  2. アマゾン・ドット・コム
  3. ネットフリックス
  4. グーグル(アルファベット)
  5. アップル
  6. エヌビディア
  7. テスラ
  8. マイクロソフト
  9. ブロードコム
  10. スノーフレイク

これらの企業はアメリカ市場の25%以上を占め、革新的なビジネスを展開し続けてきました。例えば、AppleのiPhoneやTeslaの自動運転車、Amazonの配達サービスなど、これらの企業が生み出した魅力的な製品は、FANG+の成長に大きく貢献しています。

FANG+は過去10年間で10倍以上成長し、その成果は非常に注目されています。しかし、同時に高リスクな商品でもあります。そのため、FANG+への投資には注意が必要です。

投資家は、FANG+への投資を検討する際に、他の投資商品との組み合わせやバランスを考慮する必要があります。FANG+への資金の一部を投じつつ、残りの資金を他の安定した商品に分散投資することがおすすめされています。このような投資戦略により、FANG+の成果を享受しつつリスクを抑えることが可能です。

次のセクションでは、FANG+の高リターン実績について詳しく説明します。

3. FANG+の高リターン実績

technology

FANG+は驚異的な成果を上げており、その成長は見事です。約10年間で、FANG+は10倍以上に成長しました。これは、2014年9月から見るとS&P500の成長の3.5倍に対して、FANG+は10.87倍という素晴らしい結果です。

FANG+は10銘柄の株価指数で構成されており、各銘柄に等額投資が行われています。これらの銘柄は、米国のIT大手企業であり、彼らの成長力によって10倍以上の成長が達成されたことは明白です。

FANG+の成長はアメリカ市場全体の成長を牽引しており、S&P500指数の成長の13%はFANG+の上昇によるものです。つまり、FANG+はアメリカ市場において非常に重要な要素であり、将来の成長も期待されています。

FANG+は高成長企業ばかりで構成されているため、高いリスクを伴います。過去の価格変動を見てもわかるように、FANG+の価格は大きく変動し、ハイリスク・ハイリターンの投資と言えます。しかし、過去のチャートからも明らかなように、FANG+は非常に高い成長力を持っており、そのリスクを冒すことで大きなリターンを期待できます。

4. FANG+のハイリスク要因

technology

FANG+への投資は高いリターンを狙うことができますが、それと同時に非常に高いリスクも伴います。以下でFANG+のハイリスク要因について説明します。

4.1 値動きの激しさ

FANG+は過去の値動きが非常に激しい特徴を持っています。上昇時には急激に上昇し、下落時には急激に下落することがあります。特にFANG+に含まれる一部の企業の業績が悪化すると、FANG+全体の価値も大きく下がる可能性があります。

4.2 ボラティリティの高さ

FANG+はボラティリティ(値動きの大きさ)が非常に高いと言われています。特にFANG+に含まれる企業が時価総額が大きく、売上成長がある場合、ボラティリティが非常に高くなる傾向があります。例えば、TeslaやNVIDIAなどの企業は大きな上下動を示すことがあり、ボラティリティはレバナス(レバレッジ型のETF)と同等以上になる可能性があります。

4.3 集中投資のリスク

FANG+への投資は、アメリカのハイテク企業10銘柄に集中投資することを意味します。そのため、FANG+への投資はアメリカハイテク銘柄への集中投資を意味します。もし市場の状況が変化し、アメリカハイテク銘柄の株価が下落する場合、投資資産も急速に減少する可能性があります。また、FANG+は他の指数とは異なり、均等配分ではなく、一部の企業の影響を受けやすいため、個別銘柄のパフォーマンスが指数全体に大きな影響を与えることもあります。

4.4 効率的な投資方法

FANG+への投資は中級者や上級者向けのものであり、初心者向けではありません。持続的な利益を得るためには、売買のタイミングをうまく選ぶ必要があります。また、FANG+の信託報酬も高額であるため、新NISAのメインの投資対象としてはおすすめできません。代わりに、成長投資枠を活用し、投資資産の5%から15%程度をFANG+に投資することをおすすめします

以上が、FANG+のハイリスク要因についての解説です。FANG+への投資を考える際には、これらのリスクを理解し、自身のリスク許容度を考慮して投資を行うようにしましょう。

5. FANG+の新NISAでの位置づけ

technology

新NISAでのFANG+の投資について、その位置づけを考えてみましょう。

FANG+の特徴

FANG+は、米国のIT大手4社と6社の超優良企業の合計10銘柄からなる株価指数です。これまでの約10年間で10倍以上の成長を遂げていますが、ハイリスクハイリターンな商品であることに注意が必要です。

新NISAの特徴

新NISAは、2024年からスタートした非課税制度です。成長投資枠として活用することで、将来の資産形成を加速させることができます。ただし、投資にはリスクが伴うため、適切な戦略が求められます。

FANG+の新NISAでの位置づけ

FANG+は過去の成長実績から注目されていますが、単独での集中投資は危険です。そのため、新NISAの枠組みでFANG+に投資する場合は、サテライト戦略を採用することをおすすめします。

サテライト戦略とは、メインのポートフォリオに比べてリスクが高いが高リターンを狙える銘柄に小口投資する戦略です。FANG+はその一つと言えます。

新NISAでは、成長投資枠を活用することで、FANG+に投資する割合を全体の5%から15%程度に抑えることができます。これにより、リスク分散を図りながらFANG+への投資を行うことができます。

ファンドの運用においては、タイミングが重要です。FANG+は一生持てるファンドではありません。中級者や上級者向けの商品であり、適切な売買タイミングを見極める必要があります。

新NISAを活用した戦略によって、FANG+への投資を継続的に行うことができます。しかしながら、投資にはリスクが伴うため、慎重に検討することが重要です。

まとめ

新NISAを活用することで、FANG+への投資を長期的に継続することができます。ただし、FANG+はハイリスクな商品であるため、サテライト戦略を採用し、全体の5%から15%程度の割合で投資することが重要です。適切な売買タイミングを見極め、リスク管理を怠らずに投資を行うことで、FANG+の高リターンを享受しつつ、資産形成を加速させることができるでしょう。新NISAの有効活用により、自身のニーズに沿った最適な投資ポートフォリオを構築することが可能となります。

コメント

アットセミナー
タイトルとURLをコピーしました