投資家必見!マグニフィセント・セブンとFANG+の徹底比較

finance Uncategorized
記事内に広告が含まれています。
moomoo証券【WEB】

Last Updated on 2024年6月15日 by カメキチ

仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

昨今、個人投資家が注目しているマグニフィセント・セブンとFANG+について、その詳細と運用パフォーマンスを比較してみましょう。これらの大手テクノロジー株への投資は魅力的ですが、それぞれの特徴を理解することが重要です。本ブログではこの2つの投資対象について多角的に解説し、投資判断の一助となる情報を提供します。

1. マグニフィセント・セブンとは

technology

マグニフィセント・セブン(M7)は、アメリカの株式市場を代表する大型テクノロジー株式の7銘柄を指します。具体的な銘柄はアマゾン、アップル、アルファベット、エヌビディア、テスラ、マイクロソフト、メタの7つです(2024年3月時点)。

このM7銘柄は、アメリカの市場を牽引する企業であり、インデックス投資で人気のS&P500やNASDAQなども、実質的にはM7銘柄の動向に影響を受けています。そのため、市場のテクノロジー銘柄を重視した投資を希望される方には、M7銘柄に特化したファンドがオススメです。

マグニフィセント・セブンという名称は、これらの大型テクノロジー銘柄から派生したものであり、特定の企業を恣意的に入れ替えるものではありません。ただし、マグニフィセント・セブンの銘柄構成は状況によって変更される場合もあります。

なお、マグニフィセント・セブンへの投資は、一部セクターへの偏りが生じる可能性があります。これまでは情報技術関連や通信などが中心でしたが、新しいマグニフィセント・セブンでは、情報技術以外の銘柄が選ばれることも考えられます。

マグニフィセント・セブンは、その成長力や爆発力を重視する投資対象として捉えられています。一方で、金融銘柄やヘルスケア銘柄なども含む新たな銘柄が導入されることがあるかもしれませんが、それらの銘柄に対して同じようなパフォーマンスを期待できるかは疑問が残ります。

マグニフィセント・セブンへの投資は自己のリスク許容度に合わせた考え方が必要であり、最新の状況やトレンドだけに惑わされず、長期的な投資を行うことが重要です。さらに、投資の基本である分散投資や積み立て投資を忘れずに、自分自身の投資戦略を構築していくことが大切です。

2. FANG+とは

technology

FANG+(FANG+指数)は、アメリカの大手テクノロジー関連企業を中心とした株式指数です。この指数は、Facebook(現Meta Platforms)、Amazon、Netflix、Googleの4社に加えて、さらに6つのテクノロジー企業で構成されています。

FANG+指数は、テクノロジーとインターネット関連企業を網羅しており、革新的なビジネスモデルを持つ企業も含まれています。

この指数には、通信、エンターテインメント、小売、技術革新など、さまざまな分野で市場をリードする企業が含まれています。これらは次世代テクノロジーを活用し、グローバルな社会に大きな影響を与える米国上場企業です。

FANG+指数への投資は、デジタル経済の成長やイノベーションの恩恵を受けることを目指しています。投資家は効率的にテクノロジー企業の成長ポテンシャルに分散投資することができます。

FANG+指数への投資は、テクノロジー企業に興味がある投資家にとって魅力的な選択肢となります。しかし、長期的な投資を考える場合は、リスク管理も重要です。

3. マグニフィセント・セブンとFANG+の違い

technology

マグニフィセント・セブンとFANG+は、米国のテクノロジー関連株に焦点を当てた銘柄群ですが、いくつかの違いがあります。

3.1 構成銘柄の違い

マグニフィセント・セブンは、GAFAM(Google、Apple、Facebook、Amazon、Microsoft)に加えて、テスラとエヌビディアの合計7つの銘柄で構成されています。一方、FANG+はGAFAMに加えて、ネットフリックス、スノーフレイク、ブロードコムを含む合計10つの銘柄で構成されています。

以下に、それぞれの特徴をまとめます。

マグニフィセント・セブンの特徴:

  • ネットフリックス、スノーフレイク、ブロードコムなどが含まれている。
  • イノベーションを推進する幅広い企業群に投資できる。

FANG+の特徴:

  • より限定された銘柄構成。
  • ネットフリックス、スノーフレイク、ブロードコムは含まれていない。

3.2 カバー範囲の違い

マグニフィセント・セブンは、GAFAMに加えてテスラとエヌビディアも含まれており、時価総額が高く世界的に知名度のある巨大企業を指します。一方、FANG+は、マグニフィセント・セブンに加えてより幅広いイノベーションを牽引する企業群をカバーしています。

以下に、それぞれの特徴をまとめます。

マグニフィセント・セブンの特徴:

  • 世界を席巻する巨大企業(GAFAM、テスラ、エヌビディア)を含む。
  • 時価総額が高く知名度のある銘柄に投資できる。

FANG+の特徴:

  • マグニフィセント・セブンに加えてさらに幅広いイノベーション企業をカバー。
  • 中国の大手企業は含まれていない(アリババ、バイドゥ)。

これらの違いによって、投資家は自身の投資戦略やリスク許容度に合わせて、マグニフィセント・セブンかFANG+のどちらに投資するかを選択することができます。それぞれの銘柄群には特徴があり、投資家のニーズに合わせた選択が重要です。

4. 運用パフォーマンスの比較

technology

FANG+インデックスとマグニフィセント・セブン信託の運用パフォーマンスを比較してみましょう。両者は人気のある投資先ですが、それぞれに特徴があります。

FANG+インデックスのパフォーマンス

FANG+インデックスは、2018年の設定来からのパフォーマンスが約350%となっています。これは非常に高い成績です。比較対象としてS&P500とNASDAQ100とも比較すると、FANG+インデックスのパフォーマンスは圧倒的に良いです。具体的には、2018年からのパフォーマンスは以下のようになっています。

  • FANG+: 約350%
  • NASDAQ100: 約180%
  • S&P500: 約90%

FANG+インデックスは他の指数に比べて大きく上昇していますが、注意が必要な点もあります。例えば、2022年の下落相場ではFANG+インデックスも大きく下落しました。

マグニフィセント・セブン信託のパフォーマンス

マグニフィセント・セブン信託は、FANG+インデックスにやや劣る結果となっています。具体的なパフォーマンスの数値は明記されていませんが、FANG+インデックスに比べてやや負けているとされています。

これは、マグニフィセント・セブン信託がFANG+インデックスに比べて投資対象をより限定しているためです。FANG+インデックスはテクノロジー関連企業に特化して投資している一方、マグニフィセント・セブン信託ではM7銘柄に集中しています。M7銘柄は一部を除きテクノロジー関連企業ではないため、成績に差が生じる可能性があります。

比較の考察

FANG+インデックスとマグニフィセント・セブン信託のパフォーマンスを比較してみると、FANG+インデックスの方が圧倒的に良い結果が出ています。これはFANG+インデックスが幅広いテクノロジー関連企業に投資しているため、成績に優位性があることを示しています

しかし、マグニフィセント・セブン信託も自身の特徴があります。M7銘柄に集中することで、特定の銘柄の成績に依存する一方、情報収集やリスク管理が比較的容易となります。

投資を考える際には、自身の投資スタイルやリスク許容度に合わせて選択することが重要です。両者のメリットとデメリットをよく理解し、自身の投資目標に合った選択を行いましょう。

5. FANG+のメリット・デメリット

technology

FANG+インデックスへの投資には、以下のメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 成長期待: FANG+インデックスは、テクノロジー企業の中でも成長が期待される大手企業に投資することができます。これにより、将来的な価値の上昇を見込むことができます。
  • リターンの可能性: FANG+インデックスは、テクノロジー業界のリーダー企業に投資するため、高いリターンの可能性があります。これらの企業は市場のトレンドを先導し、競争力が高いため、長期的な安定性も期待できます。
  • 投資の簡便性: FANG+インデックスへの投資は、一つのファンドによって複数の銘柄に分散投資することができます。これにより、投資の手間やコストを節約できます。

デメリット

  • 高ボラティリティ: FANG+インデックスは、テクノロジー大手企業に集中しているため、市場の変動により価格が大きく変動する可能性があります。これにより、投資リスクが高くなる可能性があります。
  • 集中リスク: FANG+インデックスは特定のテクノロジー企業に集中して投資するため、これらの企業が直面する業界特有の問題や規制の変更が投資全体に大きな影響を与える可能性があります。
  • 市場環境の変化への感応性: テクノロジー業界は急速に進化しており、新しい技術や競合他社の出現によって、現在のリーダー企業が将来も同じ成功を保証されているわけではありません。市場環境の変化により、投資の価値が減少するリスクがあります。
  • 過度の期待: FANG+インデックスへの過度の期待は、現実との乖離を生み出し、投資家が現実的なリターンを見積もることを難しくする可能性があります。過去の高いパフォーマンスが将来も続くとは限りません。

以上のデメリットを理解し、自身の投資目的、リスク許容度、そして市場の状況を総合的に考慮しながら、FANG+インデックスへの投資を検討することが重要です。

まとめ

マグニフィセント・セブンとFANG+は、ともに米国のテクノロジー関連株に注目したファンドですが、銘柄構成やカバー範囲の違いから、それぞれ特徴があります。

FANG+は幅広いテクノロジー企業を対象としているため、より大きな成長余地を秘めていますが、同時にボラティリティも高くなる可能性があります。一方、マグニフィセント・セブンは限定された銘柄に集中しているため、リスク管理が比較的容易です。

投資家はこれらの違いを理解し、自身のリスク許容度やポートフォリオ構築の目的に合わせて、どちらかを選択するのが賢明でしょう。常に最新の市場動向を把握し、柔軟な投資姿勢を持つことが重要です。

コメント

アットセミナー
タイトルとURLをコピーしました