178A:グローバルX 革新的優良企業ETF FANG+ 2244(テックトップ20)との徹底比較

tech Uncategorized
記事内に広告が含まれています。
moomoo証券【WEB】

Last Updated on 2024年6月10日 by カメキチ

仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

現代のイノベーションの波に乗って成長を続ける革新的な企業群に投資できる魅力的なETF「178A:グローバルX 革新的優良企業ETF」と、類似の人気ETF、FANG+ 2244(テックトップ20)との比較を交えながら、その特徴や過去のパフォーマンスなどを紹介します。投資に興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください。

1. 178Aグローバル革新的優良企業ETFとは何か

technology

178Aグローバル革新的優良企業ETF(以下、178A)は、世界の大型優良企業15社に投資するETFです。このETFは、以下のような特徴を持っています。

特徴

  • ブルーチップ企業に集中投資:178Aは、収益性や成長性に優れ、財務基盤が磐石な企業に投資しています。
  • 革新性に注力:AI、ビッグデータ、半導体など、成長分野を牽引する企業を重点的に選定しています。
  • 分散投資:リスクを抑えつつ成長機会を捉えるために、15銘柄に分散投資しています。
  • 低い信託報酬:年率0.375%(税込0.4125%)と比較的低い信託報酬を設定しています。

178Aでは、銘柄の入れ替えが毎年4月と10月に行われます。ブルーチップ企業とは、収益性や成長性、財務基盤が優れた超一流企業のことを指します。

組み入れ銘柄

178Aは、下記の4つの分野に分類されるエキスパート企業15銘柄に分散投資しています。

  • AI/ビッグデータ
  • 半導体
  • ヘルスケア/バイオテクノロジー
  • 次世代モビリティ/バッテリー/再生可能エネルギー

これらの組み入れ銘柄は、世界的な優良企業であり非常に魅力的です。178Aは、投資家にとって有望なETFと言えるでしょう。

technology

2. 3つのETF:178A、FANGプラス、2244(テックトップ20)の比較

tech

さて、今回は178Aグローバル革新的優良企業ETF、FANGプラスインデックス、および2244(テックトップ20)について比較していきたいと思います。これらのETFはいずれも注目されているファンドであり、どれを選べばよいのか悩んでいる方も多いでしょう。

まずはそれぞれのETFの特徴を見てみましょう。

178Aグローバル革新的優良企業ETF

このETFは、革新的で優れた企業を厳選して投資することを目的としています。ハイテク企業に限らず、ヘルスケアなどさまざまな業界の企業に投資することで、資本効率の高い企業の成長を追求しています。

FANG+インデックス

FANG+インデックスは、アメリカのNYSE上場企業の株式に投資し、次世代テクノロジーをベースにしたグローバルな現代社会で人々の生活に大きな影響力を持つ企業を選定して構成された株価指数です。この指数は、フェイスブック(Facebook(Meta Platforms))、アマゾン・ドット・コム(Amazon.com)、ネットフリックス(Netflix)、グーグル(Google(Alphabet))をはじめとする10の銘柄で構成されています。FANGとは、これらの主要銘柄の頭文字を繋げたものです。

この指数は、大和アセットマネジメントが作成したインデックスファンドであり、投資家はこのファンドを通じてFANG+指数の動きに連動した投資成果を目指すことができます。銘柄入れ替えは四半期ごとに行われ、10銘柄への均等加重平均でポートフォリオが構成されます。

FANG+インデックスは、その特徴的な銘柄構成と投資成果の良さから、多くの人々の注目を集めています。銘柄数の少なさやリバランスの頻度など、他のファンドとの比較から高いリターンを実現する可能性があります。

2244(テックトップ20)

2244(テックトップ20)は、アメリカのテクノロジー企業を対象にした上位20銘柄を取り扱う指数です。これまでの実績や時価総額加重平均に基づいて銘柄選定が行われています。2244(テックトップ20)銘柄は、FANGプラスインデックスにも含まれることが多く、非常に注目されています。

さて、これらのETFを比較してみると、以下のような特徴があります。

  • 178Aグローバル革新的優良企業ETFは、幅広い業界の革新的な企業に投資しているため、リスクの分散効果が期待できます。
  • FANG+インデックスは、次世代テクノロジーをリードする企業に投資しているため、高い成長性が期待できます。
  • テックトップ20は、時価総額加重平均に基づいて銘柄選定が行われているため、市場のトップ銘柄に投資していることが特徴です。

各ETFのパフォーマンスやポートフォリオ構成なども考慮しながら、自分の投資スタイルやリスク許容度に合わせて選ぶと良いでしょう。

次の節では、この3つのETFのパフォーマンスを比較してみたいと思います。

3. 178Aのポートフォリオ構成

technology

178A:グローバルX 革新的優良企業ETFのポートフォリオは、世界の大型優良企業15社により構成されています。

178Aのポートフォリオは、成長性が高く将来性のある企業が重視されており、以下にその一例を示します。

  • マイクロソフト(MSFT)
  • アップル(AAPL)
  • NVIDIA(NVDA)
  • Google(GOOGL)
  • アマゾン(AMZN)
  • Facebook(META)
  • テスラ(TSLA)
  • ブロードコム(AVGO)
  • ASML
  • TSMC(TSM)
  • アドビ(ADBE)
  • オラクル(ORCL)
  • イーライリリー(LLY)
  • アムジェン(AMGN)
  • CATL

178Aのポートフォリオは、「マグニフィセントセブン」と呼ばれる7つの銘柄やFANG+銘柄など、革新的な企業が多く含まれています。

ポートフォリオの構成は定期的に見直され、銘柄の入れ替えが行われる場合があります。最新の銘柄情報については公式ウェブサイトで確認してください。

178Aは、高いリターンを期待する投資家にとって魅力的なETFです。ポートフォリオを良く理解し、リスクとリターンのバランスを考慮した上で、投資の判断を行いましょう。

4. 過去のパフォーマンス比較

technology

グローバルXの新規設定ETF「178A:グローバルX 革新的優良企業ETF」は、テスラ、アマゾン、マイクロソフトなどの革新的企業に投資することができるETFです。このETFは、高成長・高収益企業に集中投資することで、投資家に高いリターンをもたらすことが期待されています。

では、この178A ETFの過去のパフォーマンスを他のETFと比較してみましょう。

FANGプラスインデックスとの比較

FANGプラスインデックスは、ネットフリックスやスノーフレイクなどの銘柄を含んだ指数です。178A ETFと比較すると、銘柄の一部が重複しています。具体的には、テックトップ20銘柄の約6割がFANGプラスインデックスと共通しています。

2244(テックトップ20)との比較

また、178A ETFは、テックトップ20とも比較されます。2244(テックトップ20)は、個人投資家に注目されているファンドであり、銘柄数が少なく組み上げられています。それに対して178A ETFは、世界の大型優良企業に投資することを目的としており、銘柄数も多くなっています。

パフォーマンスの比較

過去のパフォーマンスを見ると、178A ETFは高いリターンを示しています。具体的には、過去5年間の年率利回りが約17.8%となっています。これは、投資家にとって非常に魅力的な成績です。

一方で、他のETFと比較するとどうでしょうか。まず、178A ETFは革新的な銘柄に投資することを目的としており、FANG+インデックスや2244(テックトップ20)といった他のファンドとは異なるポートフォリオを持っています。これにより、178A ETFは独自のリターンを実現していると言えます。

以上、178A ETFの過去のパフォーマンスについての比較の紹介でした。最終的な投資の判断は個々の投資家が行う必要がありますが、参考にしていただければ幸いです。

まとめ

178Aグローバル革新的優良企業ETFは、将来性の高い企業に集中投資することで高い運用成果を目指す魅力的なETFです。過去のパフォーマンスを見ると、同様のテクノロジー系ETFよりも優れた結果を出していることがわかります

ただし、過去の実績が未来を保証するわけではありません。各自の投資目的やリスク許容度に合わせて十分に検討し、慎重に投資判断を行うことが重要です。178Aは高成長企業への投資機会を提供するETFとして有望ですが、自己責任での投資が前提となります。

コメント

アットセミナー
タイトルとURLをコピーしました