2244投資信託=「一歩先いくUSテック・トップ20インデックス」とFANG+ コスト及びリスク比較‼

technology Uncategorized
記事内に広告が含まれています。
moomoo証券【WEB】

Last Updated on 2024年6月4日 by カメキチ

仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

「一歩先行くUSテック・トップ20インデックス」(2244投資信託) FANG+と比較してどちらと選ぶか迷ってる方、コスト面、リバランスの点など詳しく解説していきます。どちらの投資信託があなたに最適か当ブログが参考になると思います。

1. はじめに

technology

「一歩先行くUSテック・トップ20インデックス」とは、米国を代表するテクノロジー関連企業20社で構成された大和アセットマネジメントの新しい投資信託です。この投資信託は、注目のFANG+と比較しても低い信託報酬率を誇ります。さらに、2024年3月13日から運用開始しました。

最新のNISA制度では、成長投資枠での投資が可能となりました。この記事では、「一歩先行くUSテック・トップ20インデックス」の特徴やメリットについて詳しく解説します。

以下では、主な内容について解説します:

  • FANG+との違い
  • 銘柄数と分散投資
  • リバランスの特徴
  • 信託報酬の比較
  • まとめ

2. 2244投資信託とFANG+の違い

technology

2244投資信託とFANG+は、米国のビッグテック企業に分散投資ができる商品ですが、それぞれには以下のような特徴が異なります。

① 銘柄数

  • 2244投資信託は20銘柄で構成されています。
  • FANG+は10銘柄から成り立っています。
  • 両者の投資銘柄の半数ほどが重複しています。

FANG+の10銘柄なら自己管理して信託報酬を払わずに投資できるメリットもあります。

② リバランスの特徴

  • 2244投資信託には固定組入の設定がありません
  • FANG+では6銘柄がほぼ固定的に組み込まれています。

FANG+への投資では、6社がほぼ固定されたままとなり、長期投資などでのリバランスに疑問を感じるかもしれません。一方、2244はリバランスが可能なメリットがあります。

③ 信託報酬の比較

  • 2244投資信託は0.4125%となっています
  • FANG+の維持コストは0.7755%です。

このため、2244投資信託の方がコストを抑えることができます。

これらの特徴を考慮して、それぞれの投資スタイルやリスクに合わせて選択すると良いでしょう。個人的な意見としては、自己管理が可能でリバランス性もあり、コストも抑えられる2244がおすすめです。ただし、投資は個人の判断によるものであり、自分に合った選択をすることが重要です。

3. 銘柄数と分散投資

investments

銘柄数と分散投資は、投資のリスク管理とポートフォリオのバランスにおいて重要な要素です。2244投資信託とFANG+の銘柄数と分散投資について比較してみましょう。

2244投資信託の銘柄数と分散投資

2244投資信託は20銘柄に投資する投資信託です。これにより、より多くの銘柄に投資することで、リスクの分散効果を期待できます。また、FANG+と比較して、2244には9銘柄が重なって投資されているため、一部重複した投資も行われています。これにより、リスク分散が図られると言えます。

FANG+の銘柄数と分散投資

一方、FANG+は10銘柄に投資する投資信託であり、主にFacebook、Amazon、Netflix、Googleなどの技術系企業やそれに関連した銘柄から構成されています。FANGの4社は主要な銘柄であり、将来的には組み換えが必要な場合もあるかもしれません。しかし、投資先の銘柄が10銘柄に偏っているため、分散投資の効果は限定的です。

分散投資は、投資先のリスクを均等に分散させることで、ポートフォリオの安定性を高めることができます。特定の銘柄に偏って投資するのではなく、複数の銘柄に分散投資することで、個別の銘柄リスクや市場リスクに対する対策が可能となります。

以上から、FANG+は10銘柄に投資するため、分散投資の効果は限定的です。一方、2244投資信託は20銘柄に投資し、9銘柄がFANG+と重なっているため、リスク分散が図られています。分散投資を重視する場合、2244投資信託を選択することは有益でしょう。

4. リバランスの特徴

finance

リバランスはポートフォリオ運用において重要な要素です。以下では、リバランスについて詳しく見ていきましょう。

リバランスとは?

リバランスとは、ポートフォリオ運用を行う際に定期的に資産配分を見直すことを指します。この作業によってリスク分散が図られます。リバランスは以下のような特徴を持っています。

  1. 定期的に行われる: リバランスは定期的に行われることが推奨されています。適切なタイミングで資産配分を見直すことで、リスクを抑えながら利益を最大化することができます。
  2. 目標資産配分を維持する: リバランスでは、元々設定した目標の資産配分を維持することが重要です。市場の変動によって資産配分がずれてしまうことがありますが、リバランスによって目標の配分に戻すことができます。
  3. 利益を確定する: リバランスの過程で、一部の資産を売却して利益を確定することがあります。これによってポートフォリオのバランスを整えることができます。

リバランスのメリット

リバランスを行うことには以下のようなメリットがあります。

  1. リスク分散: ポートフォリオ内の資産配分を定期的に見直すことで、リスクを分散することができます。特定の銘柄やセクターへの過剰な依存を防ぐことができます。
  2. 利益の最大化: リバランスによって利益を最大化することができます。価格変動によって資産の配分が変わるため、適切なタイミングで売買を行うことで利益を確定することができます。
  3. 長期的なパフォーマンス向上: リバランスによってポートフォリオのバランスを維持することで、長期的なパフォーマンスの向上が期待できます。市場の変動に対して適切に対応することができます。

リバランスの注意点

リバランスには以下のような注意点もあります。

  1. コスト: リバランスには一定のコストがかかる場合があります。売買手数料や税金などの費用を考慮する必要があります。
  2. タイミング: リバランスのタイミングは重要です。市場の状況やリスク許容度などを考慮して適切なタイミングで行う必要があります。
  3. 長期投資には不向き: リバランスは主に短期的な投資戦略に適しています。長期的な投資を行う場合は、適切にバランスを保つことがより重要です。

以上のように、リバランスはポートフォリオ運用において重要な要素です。定期的な見直しによってリスク分散や利益の最大化を図ることができます。ただし、コストやタイミングには注意が必要です。

5. 信託報酬の比較

finance

投資信託を選ぶ際に重要な要素の一つは信託報酬です。大和アセットマネジメントが提供する「一歩先を行くUSテック・トップ20インデックス」は、FANG+と比べて低い信託報酬率を特徴としています。

信託報酬率比較

以下に、各ファンドの信託報酬率を比較してみます。

M7

  • 信託報酬率:0.5940%

FANG+

  • 信託報酬率:0.7755%

US Tech TOP20

  • 信託報酬率:0.4950%

「一歩先を行くUSテック・トップ20インデックス」の信託報酬率は、FANG+に比べて約0.3%も低くなっています。これにより、投資家は同等のリターンを追求する際に、より低いコストで投資を行うことができます。

その他の特徴

「一歩先を行くUSテック・トップ20インデックス」は、購入時手数料や信託財産留保額がなく、非常に魅力的な信託報酬を提供しています。

低い信託報酬率は、投資家にとって重要な要素であり、投資リターンを最大化するためにはコストを抑えることが重要です。その点で「一歩先を行くUSテック・トップ20インデックス」は魅力的な投資先と言えます。

信託報酬率の比較に加えて、投資先の銘柄や運用会社の特徴を考慮しながら、自身の投資目標やリスク許容度に合わせて最適な投資信託を選ぶことが重要です。

NISAでの投資を考えてるかたはこちらをお読みください

まとめ

以上、「一歩先を行くUSテック・トップ20インデックス」の特徴を詳しく見てきました。FANG+と比較して、より多くの銘柄で分散投資ができ、かつ信託報酬が低いというメリットがあります。リバランスの柔軟性も魅力的です

個人投資家にとっては、低コストでテクノロジー分野への投資ができる良い選択肢と言えるでしょう。他の投資信託との比較を行い、自身のリスク許容度やポートフォリオに合わせて最適な投資先を見つけることが重要です。

コメント

アットセミナー
タイトルとURLをコピーしました