ニーサで資産形成! おすすめの証券会社と口座選び方のコツ

finance 比較記事
記事内に広告が含まれています。

ニーサは、投資による利益に係る税金を非課税にすることで、長期的な資産形成を後押しするための制度です。このブログでは、ニーサの仕組みや具体的なメリット、おすすめの証券会社や運用対象銘柄などを紹介しています。投資初心者の方にもわかりやすく解説しますので、ニーサをより理解し、上手に活用するためのヒントが得られるでしょう。

moomoo証券【WEB】

1. ニーサとは?メリットや対象者をわかりやすく解説

finance

新ニーサ(少額投資非課税制度)は、投資による利益にかかる約20%の税金を国が免除してくれる制度です。ニーサの主な特徴やメリット、対象者について解説します。

1.1 ニーサの特徴とは?

2024年1月から新しいニーサ(少額投資非課税制度)である新ニーサ制度が始まりました。

ニーサとは、個人投資家向けに少額資金の投資を非課税にする制度のことです。令和5年度の税制改正大綱でニーサ制度の抜本的拡充や恒久化が発表され、ニーサ制度が新しくなりました。ニーサ制度が拡充された背景には、貯蓄から投資へのシフトを加速する狙いがあるとされています。

新ニーサの開始にともない、これまでのニーサ制度は2023年12月で終了しました。ただし、2023年までのニーサで購入した商品は引き続き保有できます。

1.2 ニーサのメリットは?

  • 利益が非課税となるため、投資によって得た利益をそのまま手元に残すことができます。
  • 長期間に渡って利益を積み上げることができるため、資産形成に向いています。
  • 定期的な積立投資ができるつみたてNISAは、少額から投資を始めることができます。
  • リスクヘッジのために、複数の投資商品を組み合わせることができます。
  • ニーサ特典として、一般ニーサ口座は入金残高に応じたポイントが付与されるなどのお得なサービスが受けられます。

1.3 ニーサの対象者は?

  • 対象者は、18歳以上の個人投資家です。ジュニアニーサは、2023年で終了しています。
  • 投資経験が浅い人や投資初心者は、ニーサを利用することでリスクを抑えながら投資の知識を身につけることができます。
  • 長期間の資産形成を目指す人や退職金の代替手段を探している人もニーサを活用することができます。

以上が、ニーサについての基本的な説明です。ニーサのメリットや対象者を把握した上で、自身の投資目的やリスク許容度に合わせてニーサ口座を開設することが大切です。

2. ニーサ口座を開設するおすすめの証券会社5選

finance

口座を開設する際には、おすすめの証券会社を選ぶことが重要です。以下では、新ニーサ口座開設においておすすめの証券会社を5つ紹介します。

マネックス証券

特徴:
– ドコモと連携している証券会社であり、dカードでのクレカ積立が可能です。
– dポイントも貯めながら資産形成ができます。

特典:
– 最大4,200円相当のdポイントがプレゼントされるキャンペーンが実施中です。

楽天証券

特徴:
– ポイント投資の面で優れており、楽天カードクレジット決済でポイント還元を得られます。
– 楽天市場でのお買い物にもポイントが付与されます。

特典:
– 大手ネット証券で2022年の新規口座開設数がNO.1です。

松井証券

特徴:
– 高い還元率の還元サービスがあり、投資信託において最もお得な証券会社です。

特典:
– 投資信託の取り扱いが豊富で、業界最低水準の運用コストを目指したインデックスファンドシリーズがあります。

auカブコム証券

特徴:
– auユーザーにおすすめの証券会社で、au PAYカード決済による投信積立で最大3%のポイント還元が受けられます。

特典:
– auじぶん銀行との連携により、普通預金の金利が最大0.33%になります。

SBI証券

特徴:
– 国内株式個人取引シェアNO.1の証券会社であり、多くの投資信託が取り扱われています。

特典:
– 韓国ETFやシンガポールETFの取引手数料が無料です。
– クレカ積立やポイント投資も可能です。

これらの証券会社は新ニーサ口座の手数料無料サービスを実施しており、お得な特典が用意されています。自分に合った証券会社を選ぶことが大切ですので、口座開設の際にはそれぞれの詳細情報を確認してみましょう。

3. ニーサ口座を選ぶ際のポイント

finance

ニーサ(少額投資非課税制度)を活用する際には、適切な口座を選ぶことが非常に重要です。以下では、ニーサ口座を選ぶ際に考慮すべきポイントを紹介します。

① サービス内容の比較

異なる金融機関がニーサ口座を提供しており、そのサービス内容は一律ではありません。したがって、各金融機関の商品ラインナップやサービスの充実度を比較することが不可欠です。運用において、商品ラインナップやサービスの充実度は非常に重要な要素となります。

② 手数料の比較

ニーサ口座を選ぶ際には、手数料の比較も非常に重要です。特に国内株式や投資信託の売買手数料は、実際の収益に大きな影響を与えるため、注意が必要です。したがって、ニーサ口座の手数料が無料または低額であるかを確認することが重要です。

③ クレジットカードとの連携

一部の証券会社では、ニーサ口座とクレジットカードを連携することができます。クレジットカードを利用することでポイントを貯め、投資に活用することができます。自身のニーズに合ったクレジットカードの種類やポイント還元率を比較し、適切なニーサ口座を選ぶことが重要です。

④ IPO(新規上場株)の取扱い

一部の証券会社では、IPOの取扱いを行っています。IPOは新規上場株式に優先的に投資する制度であり、投資の幅を広げることができます。取扱い銘柄の数や取得率を確認し、IPO投資に興味がある場合は適した口座を選ぶことが重要です。

⑤ その他の付加価値

口座選びの際には、その他の付加価値も考慮することが重要です。例えば、投資信託の保有残高に応じてポイントが付与されるサービスや特定のカードとの連携によるポイント獲得などです。これらの特典やサービスを比較し、自身のニーズに合った口座を選ぶことが重要です。

NISA口座を選ぶ際には、自身の投資スタイルやニーズに合わせて口座を選ぶことが重要です。各金融機関のサービス内容やポイント還元制度、手数料などを比較検討し、最適なニーサ口座を見つけましょう。

4. 初心者におすすめのニーサ運用銘柄10選

finance

初心者の方におすすめのニーサ運用銘柄を10本紹介します。これらの銘柄は新ニーサ(つみたて投資枠)で購入することができ、主要な証券会社で取り扱われています。ニーサを始める際には、以下のリストを参考にしてみてください。

  1. 「eMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)」: 多くの証券会社で取り扱われており、安定した運用が期待できます。
  2. 「楽天・オールカントリー株式インデックス・ファンド」: オールカントリーの株式に分散投資が可能です。
  3. 「SBI・全世界株式インデックス・ファンド」: 全世界の株式に分散投資が可能です。
  4. 「SBI・V・全世界株式インデックス・ファンド」: 全世界の株式に分散投資が可能です。
  5. 「楽天・全世界株式インデックス・ファンド」: 全世界の株式に分散投資が可能です。
  6. 「eMAXIS Slim米国株式(S&P500)」: 米国株式に特化した銘柄です。
  7. 「楽天・S&P500インデックス・ファンド」: 米国株式(S&P500)に分散投資が可能です。
  8. 「SBI・V・S&P500インデックス・ファンド」: 米国株式(S&P500)に分散投資が可能です。
  9. 「SBI・V・全米株式インデックス・ファンド」: 米国株式に分散投資が可能です。
  10. 「楽天・全米株式インデックス・ファンド」: 米国株式に分散投資が可能です。

これらの銘柄は、投資信託の形で提供されており、多様な銘柄に分散投資することができます。特にインデックスファンドを選ぶことで、低コストで安定した運用が期待できます。初心者や低リスク志向の方におすすめの銘柄です。ニーサを始める際には、ぜひ参考にしてみてください。

5. ニーサのデメリットと注意点

finance

ニーサの導入には、いくつかのデメリットや注意点があります。以下では、NISAのデメリットと注意点について詳しく説明します。

デメリット

  1. 旧ニーサ口座での銘柄移管ができない: 旧ニーサ制度と新ニーサ制度は異なるため、旧ニーサ口座で保有している銘柄を新NISA口座に移すことはできません。移管する際には、銘柄を売却して現金化し、新ニーサ口座で再購入する必要があります。
  2. 対象は18歳以上(ジュニアニーサは廃止): 新ニーサ制度の対象は18歳以上であり、ジュニアニーサは2023年で終了しました。そのため、17歳以下の利用者には税制上のメリットはありません。
  3. 損益通算と繰越控除ができない: 新ニーサ口座では損益通算や繰越控除ができません。つまり、投資による損失を相殺したり、翌年以降の利益から損失を差し引くことができず、税金の負担が増える可能性があります。
  4. 税金を納める必要がある場合もある: ニーサ口座内の商品は非課税期間終了後に売却する際、非課税期間終了時の評価額が新たな取得価格となるため、保有資産が値下がりしている場合でも実際の利益が出ていないにもかかわらず、税金を納める必要があります。

注意点

  1. 1人1口座制限がある: 1人はニーサ口座を1つしか持つことができません。したがって、開設する証券会社を慎重に選ぶ必要があります。金融機関の変更は可能ですが、手続きが必要です。
  2. 現在保有している株式や投資信託は移せない: 以前の証券口座で購入した株式や投資信託をニーサ口座に移すことはできません。ニーサ口座で購入するには、新たな資金で取引する必要があります。
  3. 上場株式の配当金は受け取り方によって課税される可能性がある: 上場株式の配当金を受け取る場合、受け取り方法によっては課税されることがあります。ニーサ口座で非課税となるのは「株式数比例配分方式」の場合のみであり、他の方法では課税されます。
  4. 投資信託の分配金の自動再投資はできない場合がある: ニーサ口座での投資信託の分配金を自動で再投資することができない場合があります。自動再投資の利点を享受するためには、証券会社がNISA口座での自動再投資をサポートしているかを確認する必要があります。

これらのデメリットや注意点を理解した上でニーサを活用することで、効果的な資産形成が可能です。ただし、投資にはリスクが伴いますので、自身の経済状況や投資目的に合わせた運用を行うようにしましょう。

まとめ

ニーサは、投資による利益に対する税金を非課税にする制度で、長期的な資産形成に適していますが、デメリットや注意点もあります。投資初心者でも利用できるよう、各証券会社が特徴的なサービスを提供しており、自身のニーズに合った口座を選ぶことが重要です。また、初心者向けの運用銘柄も紹介しましたので、NISAの利用を検討する際の参考にしていただければと思います。ニーサ制度を有効活用し、長期的な資産形成につなげていくことが望ましいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました