レバレッジFANG+ 米国テック株に「レバレッジ」で高利回り投資!

technology 投資記事
記事内に広告が含まれています。

投資信託に興味がある人にとって、レバレッジFANG+は魅力的な選択肢の一つです。このブログでは、レバレッジFANG+の概要、特徴、投資方法、売買手順、利回りと評価について詳しく解説します。

moomoo証券【WEB】

1. レバレッジFANG+とは

technology

レバレッジFANG+は、日本の追加型証券投資信託であり、大和アセットマネジメントが運用するアクティブ型の投資信託です。この投資信託は、米国の主要なテクノロジー企業であるFacebook、Amazon、Apple、Netflix、Google(Alphabet)の5社を指す言葉であるFANG+銘柄を中心に投資しています。そのため、レバレッジFANG+は、これらの大型テクノロジー株の成長を取り込むことで、高い利回りを目指しています。

1.1 レバレッジFANG+の運用目的

レバレッジFANG+は、日々の基準価額の値動きがNYSE FANG+指数の値動きの2倍程度となるように運用されます。具体的には、米国の営業日においてNYSE FANG+指数の値動きの2倍程度を目指します。ただし、日本の休業日前後の基準価額の値動きが、NYSE FANG+指数の値動きの2倍から乖離する場合があることに注意が必要です。

1.2 レバレッジFANG+の特徴

  • 市場の情報を反映した適正価格で取引が行われる
  • 簡単な手続きで投資ができる
  • 日本の新NISAには対応していない

レバレッジFANG+は、市場の情報を反映した適正価格で取引が行われます。つまり、いつ購入しても、その時点での適正価格で投資ができます。また、投資方法も簡単で、投資信託を通じて容易に投資ができます。

ただし、レバレッジFANG+は日本の新NISAには対応していませんので、新NISAを利用したい場合は、別の投資信託を選ぶ必要があります。

以上が、レバレッジFANG+の概要と特徴です。次の節では、具体的な投資方法について説明します。

2. レバレッジFANG+の特徴

finance

レバレッジFANG+は、優れた特徴を持つ投資信託です。以下にその特徴をまとめました。

a. レバレッジ効果を活用

レバレッジFANG+は、日々の基準価額の値動きがニューヨーク証券取引所(NYSE)のFANG+指数の値動きの2倍程度となるように調整されています。これにより、基準価額の値動きがFANG+指数よりも大きくなります。レバレッジ効果を活用することで、より高い利回りを期待することができます。

b. 外貨建資産となるための調整

レバレッジFANG+は、外貨建資産として運用されています。そのため、為替変動リスクを低減するために、為替ヘッジが行われています。為替ヘッジにより、外貨建資産としての運用が安定したものになっています。

c. 高い利回りの実績

レバレッジFANG+は、過去の実績において高い利回りを示しています。現在の利回りは+94.56%であり、金融庁が発表するアクティブファンドのトータルリターン平均である20.9%を大きく上回っています。ただし、過去の利回りは将来の利回りを保証するものではないため、投資を検討する際には注意が必要です。

d. 取引のしやすさ

レバレッジFANG+は、ネット証券を通じて取引することができます。ネット証券のサービスを利用することで、手軽に売買や口座管理が行えます。また、スポット購入や積立購入など、自分の投資スタイルに合わせた取引方法を選ぶことができます。

以上の特徴を持つレバレッジFANG+は、投資家にとって魅力的な選択肢の一つと言えます。しかし、投資はリスクを伴うものであるため、購入前には投資家自身の判断で慎重に検討することが重要です。

finance

3. レバレッジFANG+の利回りと評価

finance

レバレッジFANG+の利回りは非常に高く、2024年5月20日時点での基準価額は20,440円です。過去の実績に基づいて、単位当たりの値段を基準に投資信託の利回りを計算します。現在の利回りは+94.56%であり、金融庁が発表するアクティブファンドの平均利回りである20.9%と比較すると非常に高いと言えます。

ただし、利回りは過去の実績であることを忘れずに。将来の利回りを保証するものではありません。

3.1 専門家の評価と予測

投資信託の利回りは専門家の評価や今後の予測に大きく影響されます。信頼性のある専門家の評価や予測を参考にし、将来の利回りを予測することが重要です。市場環境や企業の業績などを熟慮した上で、利回りの見通しを確認しましょう。

3.2 純資産残高の評価

投資信託の純資産残高は重要なポイントです。純資産残高が大きいと、投資信託の安定性が高いと言えます。iFreeレバレッジ FANG+の純資産額は184.38億円であり、金融庁が発表するアクティブファンドの平均純資産額よりも大きいため、信頼性のある投資信託と評価されます。

3.3 コストの比較

投資信託のコスト(信託報酬)も比較のポイントです。iFreeレバレッジ FANG+の信託報酬は1.275%であり、金融庁が発表するアクティブファンドの平均信託報酬よりも低い設定です。低いコストの投資信託は投資家にとってメリットがあります。

3.4 おすすめ度

初心者にとっては投資信託の選択が慎重に求められます。iFreeレバレッジ FANG+は利回りが高く、信託報酬が低く、純資産額が大きいなどの評価点がありますが、初心者に対するおすすめ度は0.5点/5点と評価されています。初心者は自身の投資目標やリスク許容度を考慮し、投資信託を選ぶ際には慎重に検討するべきです。

3.5 比較検討

レバレッジFANG+に限らず、他の投資信託とも比較検討することが重要です。利回りだけでなく、初心者おすすめ度や運用スタイル、手数料、純資産額などを考慮して判断しましょう。投資の目的やリスク許容度に合わせて適切な投資信託を選ぶことが肝要です。

最終的な選択は個々の投資家によって異なりますが、iFreeレバレッジ FANG+は他のシリーズと比較して利回りが高く、信託報酬が低い、純資産額が大きいなどの特徴があります。投資家は自身の投資目標やリスク許容度、運用会社の評判などを総合的に考慮して投資信託を選ぶべきです。

まとめ

以上のように、レバレッジFANG+は高い利回りを実現しており、投資家にとって魅力的な選択肢の一つと言えます。ただし、レバレッジ効果によるリスクも高いため、経験の浅い投資家にはおすすめ度は高くありません。投資信託の選択には専門家の意見や自身のリスク許容度を十分に考慮する必要があります。

また、類似商品との比較も重要です。投資に際しては、慎重な検討と賢明な判断が求められます。投資信託の選定は、投資家一人一人の投資目的や経験に応じて柔軟に行う必要がありますので、自身の投資スタイルに合ったものを見つけることが大切です。

よくある質問

レバレッジFANG+の運用目的は何ですか?

レバレッジFANG+は、日々の基準価額の値動きがNYSE FANG+指数の値動きの2倍程度となるよう運用されます。具体的には、米国の営業日においてNYSE FANG+指数の値動きの2倍程度を目指します。

レバレッジFANG+の特徴は何ですか?

レバレッジFANG+の特徴は、市場の情報を反映した適正価格で取引が行われること、簡単な手続きで投資ができること、日本の新NISAには対応していないことです。

レバレッジFANG+の利回りはどのように評価されていますか?

レバレッジFANG+の過去の利回りは+94.56%と非常に高い実績を示していますが、将来の利回りを保証するものではありません。専門家の評価や純資産残高、コストなどを総合的に検討する必要があります。

レバレッジFANG+は初心者にもおすすめできますか?

初心者にとってのおすすめ度は0.5点/5点と評価されています。初心者は自身の投資目標やリスク許容度を慎重に検討し、他の投資信託との比較検討も行う必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました