【投資革命】moomoo証券の真実 – 世界最安の手数料で米国株投資を加速させよう

investing Uncategorized
記事内に広告が含まれています。
moomoo証券【WEB】

Last Updated on 2024年6月11日 by カメキチ

仮想通貨の確定申告、もっと簡単に。【Cryptact】

この度moomoo証券という証券会社についてご紹介します。moomoo証券はFintech企業が運営する新しい証券会社で、手数料が格安な点や取り扱う銘柄数が多い点、アプリの機能が充実している点など、様々な特徴を備えています。今回は、moomoo証券の概要、メリット、デメリット、特徴、評判などについて詳しく解説していきます。投資に関心のある方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

1. moomoo証券とは

finance

moomoo証券は、日本における信頼性のある証券会社です。この証券会社は、米国ナスダック市場に上場しているFintech企業Futu Holdings Limitedが開発した投資情報アプリmoomooを提供しています。moomooアプリは、世界中で2,000万人以上のユーザーに利用されており、2022年に日本でのサービス提供を開始しました。

moomoo証券が主に取り扱っている商品は米国株であり、約7,000銘柄にも及びます。この証券会社では、2023年9月から日本での米国株取引を開始し、低コストの手数料体系や24時間取引など、様々なサービスを提供しています。

moomoo証券は、プロフェッショナルな投資ツールと幅広い金融情報を提供しています。moomooアプリでは、株価データや機関投資家の動向、モーニングスター社の銘柄評価レポートなどを無料で提供しており、個人投資家とプロの情報格差をなくすことを目指しています。

moomoo証券は、口座開設やアカウント管理に必要な最低限の個人情報しか収集しておらず、安心して利用することができます。

この証券会社は、頻繁に売買を行う短期投資家にとって使いやすいです。無料で利用できる充実したアプリを提供しており、手数料も業界の最安値水準であり、取り扱う銘柄数も多いです。また、将来的には日本株の取り扱いも予定しており、日本株への投資を検討している方にもおすすめです。

moomoo証券は、信頼性のある親会社を持ち、多くの賞を受賞している実績のある証券会社です。世界中の200以上の国・地域でユーザーに利用されており、その人気は非常に高いです。

次のセクションでは、moomoo証券のメリットについて詳しく見ていきましょう。

2. moomoo証券のメリット

finance

moomoo証券を利用することにはいくつかのメリットがあります。以下にいくつかの主なメリットを紹介します。

① 手数料がお得

moomoo証券の手数料は、他の証券会社に比べて非常にお得です。ベーシックコースとアドバンスコースの2つのタイプがあり、どちらの手数料も業界最安水準です。具体的な手数料は以下の通りです。

  • 取引手数料: 約定代金の0.08%
  • 為替取引手数料: 無料
  • 手数料上限: 20米ドル

さらに、アドバンスコースでは手数料がさらにお得になり、株価によって手数料が上下しないという点も魅力です。手数料は約6分の1のコストとなるため、初心者から上級者まで幅広い投資家におすすめです。

② 24時間取引が可能

moomoo証券では、24時間で米国株の取引が可能です。立会時間だけでなく、プレマーケットやポストマーケットも取引できるため、いつでも自由に取引が行えます。24時間取引ができることにより、立会時間外の決算後に売買したり、取引チャンスを逃さないというメリットがあります。

③ 海外のニュースや情報を即座に日本語で閲覧

moomoo証券のアプリには、自動翻訳機能が搭載されており、海外のニュースや情報を即座に日本語で読むことができます。自動翻訳された字幕と共に海外企業の決算発表を視聴したり、日本語で決算書類を読むことも可能です。これにより、日本語が苦手な投資家でも海外の情報にアクセスしやすくなります。

④ 充実の取扱銘柄数

moomoo証券では、約7,000もの銘柄を取り扱っており、他の証券会社と比較しても最多水準の銘柄数です。投資家にとって重要な銘柄が取り扱われているかどうかは大きなポイントです。moomoo証券なら、投資したい企業がある場合でも取り扱っている可能性が高いため、投資機会を逃がすことなく取引を行うことができます。

これらがmoomoo証券のメリットです。手数料がお得で、24時間取引が可能であり、海外情報が即座に日本語で閲覧できる点や充実の取扱銘柄数が特徴です。これらのメリットを活かして、より効果的な投資を行うことができます。

3. moomoo証券のデメリット

finance

moomoo証券を利用する際には、いくつかのデメリットも存在します。以下ではmoomoo証券のデメリットについて詳しく説明します。

取り扱っていない商品も存在する

moomoo証券は多岐にわたる金融商品の情報を提供していますが、他の商品についての情報は取得できません。株式(国内・国外)、ETF、FX、暗号資産、先物・オプション、債券に関する情報のみが取り扱われています。もし他の商品や金融商品についての情報が必要な場合は、別の証券会社の利用を検討する必要があります。

高機能ツールを利用するにはポイントが必要

moomoo証券のアプリは米国株に関する情報が充実していますが、一部のツールや機能を使用するには、ポイントを消費して交換する必要があります。以下に、ポイントで交換可能な一部の機能を示します。

  • NYSE OpenBook: 25,000ポイント
  • SG先物LV1 リアルタイム相場: 2,000ポイント
  • 香港株LV2 リアルタイム相場: 45,000ポイント
  • デリバティブLV2: 15,000ポイント
  • 復活カード: 80ポイント

これらの機能を活用することで、より高度な情報分析が可能ですが、ポイントの消費には注意が必要です。

投資信託の購入は不可

moomoo証券の口座機能では、日本・米国株の取引が可能ですが、投資信託の運用はできません。また、新NISAには対応していますが、利用できるのは成長投資枠での株式投資のみです。そのため、つみたて投資枠を利用したい場合は、他の証券会社をメイン口座またはサブ口座として選ぶことをおすすめします。

moomoo証券を利用する際には、これらのデメリットを把握した上で、自分の投資スタイルやニーズに合わせて利用することが重要です。

4. moomoo証券の特徴

finance

moomoo証券は様々な特徴を持っています。

世界中で人気のあるアプリ

moomoo証券のアプリ「moomooアプリ」は、世界200か国で2100万人以上の利用者がいます。このアプリは利用者に豊富な情報を提供しており、入手困難な海外マーケットニュースや業界分析など、個人投資家にとって重要な情報を網羅しています。さらに、有名投資家の株式分析レポートやウォーレン・バフェット氏の保有銘柄の動向もリアルタイムで閲覧できるため、投資家は有名投資家のポートフォリオを参考にすることができます。

業界初の米国株24時間取引

moomoo証券は業界で初めて米国株の24時間取引を開始しました。これにより、市場の動きや重要なニュースに対してリアルタイムに対応し、取引が行えます。たとえば、日本にいながら決算発表後の大幅な株価上昇にも即座に反応することができます。対応可能な銘柄は7,000銘柄中301銘柄ですが、大手企業やETFも含まれているため、一般的な人気銘柄はほぼカバーされています。これにより、タイミングを逃すことなく機敏な売買が可能であり、米国株の自由度も高まります。

業界最安水準の取引手数料

moomoo証券は、業界最安水準の取引手数料0.088%(税込み)を提供しています。手数料の低さは、投資の利益率を直接的に向上させるため、特に長期投資やアクティブトレードを行う投資家にとって非常に重要です。moomoo証券ではベーシックコースとアドバンスコースの2つから手数料を選択できます。ベーシックコースでは約定金額の0.088%(税込み)で手数料が計算されますが、アドバンスコースでは約定株数に応じたドル単位の手数料が適用されます。さらに、上限手数料や最低手数料も設定されており、利用者にとって柔軟な選択肢があります。この手数料体系は効率的な取引を行いたい投資家にとって魅力的な要素となるでしょう。

約7,000の取引銘柄数

moomoo証券は業界最大級の約7,000銘柄の米国株を取り扱っています。投資家はこの豊富な取引銘柄数から選択肢を広げ、自身のポートフォリオを構築することができます。他の証券会社と比較してもmoomoo証券は取り扱い銘柄数が多く、これにより投資したい企業があっても取り扱っていない証券会社では投資ができないかもしれません。moomoo証券の口座を開設しておけば、投資機会を逃すことなく利用できるでしょう。

以上がmoomoo証券の主な特徴です。moomoo証券は世界的に人気があり、24時間取引や低い手数料、豊富な取引銘柄といった特徴があります。これらは投資家にとって魅力的な要素であり、moomoo証券の利用価値が高いと言えるでしょう。

5. moomoo証券の評判・口コミ

finance

moomoo証券は、投資家から高い評価を受けています。ユーザーの評判や口コミを見てみましょう。

5-1. moomoo証券の良い評判・口コミ

  • スマホでリアルタイムの歩み値や機関投資家の売買動向、建玉状況を確認できることが素晴らしいと評価されています。
  • moomoo証券の機能の多さや使いやすさが無料で提供されていることに驚きを感じている人も多く、特にスクリーナーのカスタマイズ機能が便利だと言われています。
  • 様々な分析方法がまとめられ、可視化されていることに喜びの声もあります。また、mooコミュニティーを通じて他の投資家の意見を知ることができるため、参考になると評価されています。

5-2. moomoo証券の残念な評判・口コミ

  • 手数料が一律1.99ドルであるため、少額取引をする投資家にとってはお得感が感じにくいという意見があります。
  • 外部アプリとの連携が進んでいないことについて、改善を求める声もあります。

moomoo証券のアプリに関しては個人情報の収集や漏洩の心配があるという疑問も一部で持たれていますが、moomoo証券はログイン情報やアクセス情報など一部の個人情報しか収集しておらず、他の個人情報は収集されないことを明確にしています。安心して利用できるという点については、moomoo証券はしっかりとした対策を行っていることを伝えています。(参照:moomoo証券「当社アプリのGoogle Playストアにおけるデータセーフティー情報に関して」)

moomoo証券に関する評判・口コミを総合的に見ると、機能性の高さや情報の充実度、無料での利用が評価されています。一方で手数料や外部アプリとの連携に関しては改善を望む声もあります。投資を考える際には最新の情報を集め、自身の判断をすることが重要です。

まとめ

moomoo証券は、日本における魅力的な証券会社の1つです。低コストの手数料体系、24時間取引の可能性、充実した投資情報の提供など、多くのメリットが存在します。一方で一部の高度な機能には制限がある点や、投資信託を扱っていないといったデメリットもあります。投資家それぞれのニーズや投資スタイルに合わせて、moomoo証券の利用を検討するのが賢明でしょう。このブログ記事で紹介した情報を参考にしながら、自分に最適な証券会社を見つけていくことをおすすめします。

コメント

アットセミナー
タイトルとURLをコピーしました