人工知能の未来に投資する! AIQ ETFの仕組みとAI ETFをパフォーマンス含め徹底解説

artificial intelligence 投資記事
記事内に広告が含まれています。

私たちの生活はAI(人工知能)技術の恩恵を受けており、AIQ ETFはこの分野で活躍する優良企業に投資するユニークな商品です。AIQ ETFの仕組みや構成銘柄を理解することは、テクノロジー投資を検討する上で重要です。本ブログではAIQ ETFのパフォーマンス、詳細とその他のAI ETFの環境を分かりやすく解説しています。

moomoo証券【WEB】

1. AIQ ETFとは?

technology

AIQ ETF(AIQ エクスチェンジド・トレード・ファンド)は、米国 NYSE Arca に上場している海外 ETF(上場投資信託)です。

このファンドは『Indxx・AI&ビッグデータ・インデックス』に連動する投資成果を出すように設計・運用されています。

AIQ ETFは、人工知能技術(AI)の開発・利用による恩恵を受ける企業や、ビッグデータの分析に応用される人工知能に使用されるハードウェアを生産する企業などで構成されています。

そのため、AIQ ETFの投資方針は、自社製品・サービスの人工知能技術(AI)の開発・利用による恩恵を受ける企業や、ビッグデータの分析に応用される人工知能に使用されるハードウェアを生産する企業に投資することです。

AIQ ETFの目指す投資成果は、Indxx・アーティフィシャル・インテリジェンス・アンド・ビッグデータ・インデックスの価格・イールドのパフォーマンスに連動するものです。

すなわち、Indxx・アーティフィシャル・インテリジェンス・アンド・ビッグデータ・インデックスが好調な場合にはAIQ ETFも好調な成果を提供し、逆にインデックスが低調な場合にはAIQ ETFの成果も低調となることを意味します。

AIQ ETFは、投資にはリスクが伴います。投資対象の企業はテクノロジーの急速な変化や激しい競争にさらされており、製品やサービスの早期陳腐化、知的財産権の保護の喪失、進化する業界の標準や新製品の頻繁な生産、そして景気循環や政府規制の変化などのリスクに直面する可能性があります。

また、国際投資は通貨価値の不利な変動による資本の損失リスクや、一般に受け入れられている会計原則の違い、他の国々の社会的、経済的、政治的な不安定性から生じるリスクがあります。

新興市場は、これらの要素に加えて高まったリスクと取引量の低下も伴います。

AIQ ETFは、Moomoo Technologies Inc.によって提供されるサービスです。

AIQ ETFは、モバイルの平均レビュー評価が4.9で最も愛用されているフィンテックアプリとして知られています。

以上が、AIQ ETFについての概要です。次のセクションでは、AIQ ETFの投資対象と投資方針について詳しくご説明します。

2. AIQ ETFの投資対象と投資方針

technology

AIQ ETFは、Indxx・人工知能&ビッグデータ・インデックスに連動して投資成果を提供することを目指しています。具体的には、以下のような企業が投資対象とされます。

  1. 自社製品・サービスの人工知能技術(AI)の開発・利用による恩恵を受ける企業
  2. ビッグデータの分析に応用される人工知能に使用されるハードウェアを生産する企業

これにより、AIQ ETFは人工知能技術の発展に関連して成長が期待される企業に投資します。

投資方針として、AIQ ETFは自社製品・サービスの人工知能技術による恩恵を受ける企業に焦点を当てています。

また、ビッグデータの分析に応用される人工知能に使用されるハードウェアを生産する企業も投資対象となります。

AIQ ETFの投資方針は、人工知能技術の成長による恩恵を受ける企業への投資を通じて、投資成果を提供することを目指しています。

しかし、AIQ ETFへの投資にはリスクが伴います。技術の急速な変化や競争の激化、製品やサービスの早期陳腐化、知的財産権の保護の喪失、業界標準の進化、新製品の頻繁な生産、そしてビジネスサイクルや政府の規制の変化など、投資先企業はリスクにさらされる可能性があります。

さらに、国際投資には為替レートの変動に起因する資本損失のリスクや、一般的に受け入れられている会計原則の違い、その他の国の社会的、経済的、政治的な不安定さによるリスクが伴います。

新興市場も、同様の要因に加えて、ボラティリティの増加や取引量の減少など、より高いリスクを伴います。

また、AIQ ETFの株式は市場価格で売買されるため、その基準価格(NAV)から個別に引き換えることはできません。ブローカージ手数料は収益を減少させる可能性があります。

3. AIQ ETFの構成銘柄

technology

AIQ ETFは、Indxx・人工知能&ビッグデータ・インデックスに連動する投資成果を出すように設計されています。

このETFは、自社製品・サービスの人工知能技術(AI)の開発・利用による恩恵を受ける企業やビッグデータの分析に応用される人工知能に使用されるハードウェアを生産する企業などで構成されています。

AIQ ETFの構成銘柄は定期的に見直され、最新の市場動向や企業の業績に基づいて選択されます。以下に、AIQ ETFの構成銘柄の一部をご紹介します(あくまで一部ですので、最新の情報は運用会社のサイトでご確認ください):

  1. セールスフォース・ドットコム(Salesforce.com): クラウドコンピューティングを活用した顧客関係管理(CRM)ソフトウェアを提供する企業。
  2. シェブロン(Chevron): エネルギー業界でのAI技術の活用やビッグデータの分析に取り組んでいる石油・ガス会社。
  3. IBM(International Business Machines Corporation): AI技術やクラウドコンピューティングなど、さまざまなテクノロジー分野でのイノベーションを行う企業。
  4. アマゾン・ドット・コム(Amazon.com): AIを活用した商品レコメンデーションやサプライチェーンの最適化など、幅広い分野でAI技術を活用している世界最大のオンライン小売業者。
  5. トラベラーズ(The Travelers Companies, Inc.): AI技術を用いた保険商品開発やリスクの予測・評価に取り組んでいる保険会社。

AIQ ETFの構成銘柄は、人工知能技術やビッグデータの分析に関連する企業を中心に選ばれています。これにより、AI技術の成長やデジタルトランスフォーメーションの加速によって恩恵を受ける投資家にとって魅力的なポートフォリオが構築されます。

AIQ ETFは、これらの企業の株価や業績の変動に連動する投資成果を提供することを目指しています。

AIQ ETFの構成銘柄は、時代の最先端技術に関連する企業を含んでいますが、投資にはリスクが伴います。テクノロジー業界は急速に変化するため、企業の競争力や商品・サービスの陳腐化に注意が必要です。

また、国際投資には為替リスクや経済・政治の不安定性なども関与するため、投資家は十分なリサーチとリスク管理が求められます。

4. AIQ ETFの特徴とリスク

artificial intelligence

AIQ ETFは、Indxx・AI&ビッグデータ・インデックスに連動する投資成果を出すよう設計・運用されています。その特徴として以下の点が挙げられます。

AIQ ETFの特徴

  1. 投資対象の多様性: AIQ ETFは、人工知能技術(AI)の開発・利用による恩恵を受ける企業やハードウェアを生産する企業など、AIに関連する様々な企業で構成されています。これにより、投資家はAI技術の成長に関連する幅広い企業に投資することができます。
  2. 買い付け価格での取引: AIQ ETFの株式は、市場価格で買い付けや売り付けが可能です。しかし、これにはブローカージェージや手数料がかかることに留意する必要があります。
  3. リスク分散: AIQ ETFのポートフォリオは、複数の企業で構成されているため、個別の企業リスクを分散する効果があります。これにより、投資家は1つの企業の業績に大きく依存することなく、AI技術の成長に参加することができます。

finance

5. 人気のAI ETF

artificial intelligence

AIをテーマとしたETFは、投資家から非常に人気があります。AI技術の成長が急速であり、その将来性に期待が高まっているためです。

以下ではいくつかの人気のあるAI ETFを紹介します。

グローバルX AI&ビッグデータ ETF (AIQ)

  • 特徴: AI技術の研究開発、利用拡大から利益を受ける可能性がある企業への投資を目指す
  • 経費率: 平均的な経費率

ARK Autonomous Tech.&Robotics ETF (ARKQ)

  • 特徴: 人工知能、自動化、輸送、エネルギーに関連する企業に投資
  • 経費率: 低めの経費率

グローバルX ロボット&AI・ETF (BOTZ)

  • 特徴: ロボットや人工知能(AI)の採用・活用の増加から恩恵を受ける企業への投資を目指す
  • 経費率: 平均的な経費率

iシェアーズロボティクス・人工知能マルチセクターETF (IRBO)

  • 特徴: ロボティクステクノロジーと人工知能の長期的な成長と革新から利益を得る可能性のある企業で構成
  • 経費率: 平均的な経費率

これらのETFはAIテクノロジーに関連した企業への投資を目指しており、投資家からの人気が高いです。

AIQ含むAI ETFのパフォーマンス比較

チャート比較を参考にして下さい。       *TradingViewよりの引用です

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: AIQ_2024-07-06_19-27-14.png

6. AI ETFを選ぶ際のポイント

finance

AI ETFを選ぶ際にはいくつかのポイントに注意する必要があります。以下に、AI ETFを選ぶ際のポイントをいくつか紹介します。

6.1 テーマと構成銘柄の把握

AI ETFはテーマ型のファンドであり、保有銘柄がテーマに基づいて選ばれています。したがって、AI ETFを選ぶ際には、そのテーマと構成銘柄を把握することが重要です。どのようなAI関連企業に投資しているのか、その銘柄の比重はどれくらいなのかを確認しましょう。

6.2 経費率の確認

AI ETFには経費率が設定されています。経費率はETFの運用費用を示し、投資家にとって重要なポイントです。経費率が低いETFを選ぶことで、投資家のリターンを最大化することができます。

6.3 パフォーマンスの比較

AI ETFのパフォーマンスも重要なポイントです。過去のパフォーマンスを比較することで、どのETFがより優れたリターンを上げているのかを判断することができます。

6.4 ボラティリティの確認

AI ETFはテーマ型のファンドであり、そのテーマに関連する企業に投資しています。このようなテーマ型のファンドは一般的にボラティリティが高くなりやすい傾向があります。

6.5 運用会社の信頼性と実績

最後に、AI ETFを選ぶ際には、運用会社の信頼性と実績も重要な要素です。運用会社が信頼性のある会社であり、過去に成功した投資商品を提供しているかを確認しましょう。

信頼性のある運用会社のETFを選ぶことで、より安心して投資することができます。

AI ETFを選ぶ際には、テーマと構成銘柄の把握、経費率の確認、パフォーマンスの比較、ボラティリティの確認、運用会社の信頼性と実績などを考慮しながら、自身の投資目標やリスク許容度に合ったETFを選ぶようにしましょう。

7. AI ETFへの投資リスク

finance

AI ETFへの投資は、高いリターンを期待できる一方で、いくつかの投資リスクも存在します。以下にAI ETFへの投資リスクをいくつか挙げます。

7.1 市場リスク

AI ETFは株式市場や金融市場の変動に大きく影響を受けます。市場全体の状況や経済の動向に応じて、AI関連企業の株価やパフォーマンスが変動することがあります。

そのため、株式市場のリスクを理解し、市場の変動に対するリスクを管理する必要があります。

7.2 テーマリスク

AI ETFは特定のテーマに焦点を当てて投資を行うため、そのテーマに関連する企業の業績や成長性に大いに依存しています。

テーマリスクは、選択したテーマに関連するイベントや技術の発展、規制変更などによって影響を受けることがあります。テーマリスクを把握し、投資先のテーマに関連する情報を追い続ける必要があります。

7.3 企業リスク

AI ETFはAI関連企業の株式に投資しているため、その企業の業績や経営状態によってもリスクが存在します。投資先の企業の業績や競争力、技術力などを評価し、適切な企業選定を行う必要があります。

また、イノベーションのスピードが速いAI業界では、成功企業の地位が常に脅かされる可能性もあるため、企業リスクを監視する必要があります。

7.4 通貨リスク

AI ETFは国内外のAI関連企業に投資する場合があり、その際には為替リスクが存在します。

外貨建ての投資においては、為替レートの変動によって投資価値が影響を受ける可能性があります。

為替リスクを適切に管理するために、為替ヘッジなどの対策を検討することも重要です。

7.5 流動性リスク

AI ETFは上場投資信託であり、市場での取引が可能ですが、一部のAI ETFは流動性が低い場合があります。流動性リスクとは、売買注文が成立するまでに時間がかかることや、売買価格と目標価格の乖離が生じることなどを指します。

流動性リスクを低減するためには、取引時に市場の状況を確認し、注文価格を適切に設定する必要があります。

finance

まとめ

AIテクノロジーの発展は、社会のさまざまな分野に大きな変革をもたらしています。AIQ ETFを含むAI ETFは、この成長著しいAI市場に投資することができる魅力的な金融商品です。

しかし、AI ETFへの投資には市場リスク、テーマリスク、企業リスク、通貨リスク、流動性リスクといった様々なリスクが存在します。

投資家は自身の投資目的やリスク許容度を慎重に検討し、適切な銘柄選定と分散投資を行うことで、AIテクノロジーの成長からのリターンを最大限に得られるよう取り組む必要があります。

moomoo証券【WEB】

コメント

タイトルとURLをコピーしました