インド市場への新しい投資の扉!グローバルX インド・トップ10+ 188A ETFの全貌

India 投資記事
記事内に広告が含まれています。

近年注目を集めているインドの株式市場にアクセスする新たな手段として、斬新な投資商品が登場しました。その名も「グローバルX インド・トップ10+ ETF(銘柄コード:188A)」。今回はこの新しいETFについて詳しく紹介し、その特徴や投資対象、組成、運用の詳細に迫ります。インド市場への投資を考えている方には、必見の内容です。

moomoo証券【WEB】

1. GXインド・トップ10+ 188Aの概要

finance

グローバルX インド・トップ10+ ETF(銘柄コード:188A)は、2024年5月23日に新規上場されたETFです。この新しいETFは、インドの株式市場への投資機会を提供することを目的としています。

1.1 ETFの特徴

  • このETFはインドを代表する15銘柄に集中投資するため、投資家に新たな投資機会を提供します。

1.2 ETFの組成

  • この指数は、高い成績を収めている上位10銘柄に加えて、さらに5銘柄を含んでいます。

1.3 ETFの設定のねらい

  • インド株ETFの選択肢が限られている状況を打破し、投資家に新たな投資機会を提供することを目指しています。
  • インド株市場への投資を手軽にし、幅広い投資家が参加できるようにすることが設定のねらいです。

グローバルX インド・トップ10+ 188Aは、インドの株式市場への新たな投資機会を提供するために設定された新しいETFです。投資家にとって魅力的な選択肢となることでしょう。

2. 基本情報

India

GXインド・トップ10+ 188Aの詳細

GXインド・トップ10+ 188Aは、インド株式ETFの1つです。このETFは、インドの大型企業15社によって構成されています。投資家にとって、これまでにない特徴を持った商品となっています。

ETFの設定と組成

GXインド・トップ10+ 188Aは、インドのボンベイ証券取引所(BSE)に上場している1日平均売買代金200万米ドル以上の銘柄の中から選ばれた15銘柄によって構成されています。これらの銘柄は9つのセクターに分類されており、時価総額上位1位の銘柄が9つ、2位の銘柄が6つとなっています。

ETFの性格とリスク

GXインド・トップ10+ 188Aは、投資家に対してインド株式市場への新たな投資機会を提供することを目的としています。しかし、投資には一定のリスクが伴います。インドの経済状況や企業業績によっては、投資元本の一部または全部を失う可能性があります。投資をする際には、自身のリスク許容度や投資目的に応じた判断を行う必要があります。

3. 投資対象とベンチマーク

finance

投資対象

GXインド・トップ10+ 188Aは、インドの大型企業15社で構成されるETFです。このファンドは、従来のインド株ETFとは異なり、投資手段の選択肢が限られることはありません。インド株式市場への新たな投資機会を提供することを目的としています。投資対象となるのは、時価総額上位2位に入る銘柄です。

ベンチマーク

この指数は、インドの大型企業15社で構成される株式インデックスです。

対象指標の特徴

特徴は以下の通りです:

  1. 時価総額上位2位の銘柄選定:対象セクターにおいて、流動性の要件を満たした銘柄の中から時価総額上位2位に入る銘柄を選定します。また、各セクターの時価総額1位の銘柄に加えて、各セクターの時価総額2位の銘柄をランク付けし、15銘柄に達するまで上位の銘柄を選定します。
  2. 構成比率の決定:選定された銘柄は浮動株調整後の時価総額に基づき、構成比率が決定されます。ただし、1銘柄当たりの最大構成比率は8%となっています。
  3. 構成銘柄の見直し:原則として、毎年6月と12月の第三金曜日に指数の構成銘柄および構成比率の見直しが行われます

以上が、GXインド・トップ10+ 188Aの投資対象とベンチマークに関する概要です。このETFは、インドの経済成長に参加する機会を提供するため、投資家の皆さまにとって魅力的な投資先となるでしょう。

4. 対象銘柄とセクター構成

finance

グローバルX インド・トップ10+ ETFの対象銘柄は、インドの大型企業15社で構成されています。この指数は、インドの株式市場において時価総額上位2位にランクされる銘柄を各セクターから選出しています。

セクター構成

指数は以下の9つのセクターから銘柄を選定しています:

  1. 金融
  2. 情報技術
  3. 一般消費財・サービス
  4. 生活必需品
  5. コミュニケーション・サービス
  6. エネルギー
  7. 素材
  8. 資本財サービス
  9. ヘルスケア

各セクターでは、時価総額1位の銘柄を選定します。また、その他の銘柄の中から時価総額の大きい順に選定し、合計15銘柄が指数の構成銘柄となります。

指数の構成銘柄選定方法

このように、グローバルX インド・トップ10+ ETFは様々なセクターの銘柄にバランスよく投資することで、インドの経済成長や産業のトレンドに連動するポートフォリオを構築しています。投資家には幅広い投資機会を提供し、インド市場でバランスの取れたポートフォリオを構築するための効果的なツールとなります。

5. 運用の特徴と見直しスケジュール

finance

グローバルX インド・トップ10+ ETF(銘柄コード:188A)の運用には以下の特徴があります。

1.【運用方針】 - 当ファンドは、インドの大型企業15社によって構成され、インド株式市場への新たな投資機会を提供します。 - 投資家の皆さまへ、今までにない特徴を持った商品を投入することを目指しています。

2.【リバランススケジュール】 - グローバルX インド・トップ10+ ETFの組成は、定期的なリバランスによって維持されます。 - ユーザーが提供する最新の情報や市場動向を考慮し、適切なタイミングで銘柄の見直しや調整が行われます。

3.【リスク管理】 - ETFの運用には、リスク管理が重要です。 - グローバルXは専門のチームを設け、常に市場環境をモニタリングし、適切なリスク管理策を実施します。 - 適切なリスク管理により、投資家の皆さまに安定した運用を提供することを目指します。

4.【シンプルな取引性】 - グローバルX インド・トップ10+ ETFは、上場投資信託として取引が可能です。 - 他の銘柄と同様に、証券会社の指定参加者によって取引が行われます。 - 投資家は気軽に取引を行いやすく、多様な投資戦略に活用することができます。

以上が、グローバルX インド・トップ10+ ETFの運用の特徴と見直しスケジュールについての概要です。投資家の皆さまにとって、インド株式市場への新たな投資機会を提供することができる有望な投資商品となることでしょう。

まとめ

グローバルX インド・トップ10+ ETF(銘柄コード:188A)は、新たな投資機会を提供するために設定された魅力的なETFです。このETFは、インドの株式市場への投資を手軽にし、幅広い投資家が参加できるように設計されています。投資対象となるのはインドの大型企業15社で、9つのセクターにバランスよく投資することでインド市場の成長やトレンドに連動するポートフォリオを構築します。また、リバランススケジュールによって定期的な見直しが行われ、運用のリスク管理にも力を入れています。そのため、投資家の皆さまに安定した運用を提供し、インド株式市場への新たな投資機会を提供する魅力的な選択肢となることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました