【2024年最新】SOXLの構成銘柄と比率

semiconductor 投資記事
記事内に広告が含まれています。

半導体関連の企業群に投資できるSOXLは、高リスク高リターンの魅力的な銘柄です。今回のブログでは、SOXLの概要からその値動きや将来性、投資のメリット・デメリットまでを詳しく解説します。半導体の最新動向に関心のある方は、ぜひこのブログを参考にしてみてください。

moomoo証券【WEB】

1. SOXLとは?

semiconductor

SOXLは、半導体セクターに特化した米国のレバレッジ型ETFであり、Direxion Investmentsが運用しています。

ETFとは、株価指数や特定のセクターに連動する投資信託のことであり、SOXLは半導体市場の成長に関連する企業への投資を目的としています。

以下に、SOXLの特徴をまとめました。

SOXLの特徴:

  • SOXLは、半導体指数に3倍のレバレッジをかけたETFです。
  • 半導体セクターの成長に連動するため、将来的に高い成長が期待されています。
  • 短期的なリターンも狙えるため、投資家に人気があります。
  • ただし、ボラティリティが大きいため、慣れないうちは少額からの投資が推奨されています。

SOXLの投資は、株価指数の3倍の変動性があるため、大きな利益を生む一方で、大きな損失も出る可能性があることに留意する必要があります。

投資のリスクを理解した上で、自身の投資目標やリスク許容度と照らし合わせて、慎重に投資を検討することが重要です。

2. SOXLの構成銘柄と比率

semiconductor

SOXLの構成銘柄は、半導体セクターに属する主要な企業の株式で構成されています。

これらの企業は半導体市場で重要な役割を果たし、グローバルな市場で高い競争力を持っています。

以下に、SOXLの構成銘柄と比率をご紹介します(2024年6月28日時点)

1. NVDAエヌビディア 6.76%

2. AVGOブロードコム 5.43%

3. QCOMクアルコム 5.22%

4. AMDアドバンスド・マイクロ 4.34%

5. MUマイクロン・テクノロジー 3.59%

6. ADIアナログ・デバイセズ 3.04%

7. TXNテキサス・インスツルメ 2.99%

8. MCHPマイクロチップ・テクノ 2.93%

9. TSM台湾積体電路製造 2.88%

10. KLACKLAテンコール 2.87%

11.NXPINXPセミコンダクターズ 2.79%

12.INTCインテル 2.79%

13.AMATアプライド・マテリアルズ 2.75%

14.MRVLマーベル・テクノロジー 2.68%

15.LRCXラムリサーチ 2.60%

16.MPWRモノリシック・パワー 2.34%

17.ASMLASMLホールディング 2.32%

18.ONオン・セミコンダクター 2.09%

19.TERテラダイン 1.49%

20.ENTGエンテグリス 1.34%

21.SWKSスカイワークス・ソリュ 1.00%

22.LSCCラティス・セミコンダク 0.71%.

23.QRVOコルボ 0.64%

24.IPGPIPGフォトニクス 0.62%

25. MKSIエムケーエス・インスト 0.59%

26. ASX日月光投資控股 0.49%

27. OLEDユニバーサル・ディスプ 0.44%

28. UMC聯華電子[UMC] 0.43%

29. RMBSラムバス 0.41%

30.SLABシリコン・ラボラトリーズ 0.32%

31.SYNAシナプティクス 0.26%

32.ACLSアクセリス・テクノロジ 0.24%

33.WOLFウォルフスピード 0.22%

34.LPLLGディスプレイ 0.09%

これらの企業は、異なる領域で活躍しています。

たとえば、エヌビディアはゲーム用のGPUやデータセンター向けの半導体で高い収益を上げています。一方、インテルは主にPCやサーバー向けの半導体を提供しています。

SOXLの構成銘柄は、半導体市場の成長をけん引する企業を中心に選ばれています。

これらの企業は技術の進歩や需要の増加などにより成長が期待されており、SOXLのパフォーマンスに大きく影響を与える可能性があります。

【注意】
SOXLの構成銘柄や組入比率は定期的に見直されるため、現時点の情報に基づいています。

また、市場の状況や企業の業績によっては、構成銘柄や組入比率が変動する可能性があります。

最新の情報は公式な情報源などで確認することをおすすめします。

semiconductors

3. SOXLの値動きと見通し

semiconductor

SOXLの株価は過去数年間で大きな変動を経験してきました。

2020年のコロナショックにより株価は急落しましたが、その後の経済回復により急速に上昇しました。しかし、2022年には米国でのインフレ抑制のための利上げが始まり、株価は大幅に下落しました。

SOXLは非常にボラティリティが高く、特にレバレッジ商品であるため、価格の変動が大きい傾向があります。短期的には上昇や下降が予想されますが、長期的には上昇傾向を持つことがあります。

SOXLの株価は、米国株式市場を代表する指標であるS&P500と強い相関関係があります。

そのため、S&P500の動きを注視することも重要です。

SOXLは2023年初頭より大きく回復しましたが、大きな価格変動を伴っての上昇でした。

簡単にまとめると

2020年1月→20ドル台

2020年3月→4ドル台

2022年1月→74ドル台

2022年7月→10ドル台

2024年6月28日現在55.36ドル

このように非常にボラティリティが高い動きになってます。

SOXLの将来の株価予測は困難ですが、長期的には半導体産業の成長に関連して、さらに上昇する可能性があります。

投資を検討する際には、SOXLのボラティリティが非常に高いことや、市場の変動に敏感に反応することを念頭に置いておく必要があります。

また、過去の値動きからも分かるように、SOXLは長期的な保有に向いていないとされています。

4. SOXLに投資するメリット・デメリット

semiconductor

SOXLへの投資には以下のようなメリットがあります。

メリット

  1. 高いリターンが見込める
    – SOXLは半導体関連セクターへの投資を行うため、アメリカの景気が好調な時期には大きな利益が期待できます。
    – 過去の実績からも、市場の上昇局面でのSOXLの価格上昇が確認されています。
  2. 短期投資で利益を得やすい
    – SOXLは3倍のレバレッジを持つETFであり、指数の3倍の値動きをします。
    – 小さな指数の動きでも大きな利益を狙うことができ、短期的な売買で利益を出しやすい銘柄です。
  3. 少額から投資できる
    – 米国株式は1株単位での売買が可能であり、SOXLの価格は比較的低価格です。
    – そのため、少ない金額でも投資を行うことができます。
  4. 直接的に半導体産業の成長に投資
    – SOXLは半導体関連セクターに特化しており、半導体産業の成長に直接的に投資することができます。

一方、SOXLへの投資には以下のようなデメリットも考えられます。

デメリット

  1. 高いボラティリティとレバレッジ効果
    – SOXLは3倍のレバレッジを持つため、市場の動きが予想と反対になった場合には大きな損失を被るリスクがあります。
    – 市場のボラティリティが高い時にはコンパウンディングの影響も受け、期待されるリターンと実際のリターンに乖離が生じる可能性もあります。
  2. 経費率の高さ
    – SOXLの経費率は0.96%と他のETFと比較してもかなり高い水準です。
    – 長期運用においては経費率が重要な要素となるため、長期運用を考える場合は経費率の影響を十分に理解しておく必要があります。
  3. 配当はほぼない
    – SOXLは配当がほぼないため、配当を期待した運用には向かないと言えます。         (配当利回り0.35% 配当回数4回/年配当月 3月、6月、9月、12月)
    – SOXLはレバレッジを効かせた運用によって売買差益を生むことが狙いであり、分配金の期待はあまりしない方が良いでしょう。

これらのメリットとデメリットを考慮して、SOXLへの投資を検討することが重要です。リスク許容度や投資目的に応じて、適切な判断を行いましょう。

まとめ

SOXLは、半導体セクターの成長に連動するレバレッジ型ETFです。高いリターンが期待できる一方で、大きなボラティリティとリスクも伴います。

短期的な売買で利益を狙える一方で、長期保有には向いていないと言えるでしょう。

また、高い経費率も注意が必要です。SOXLへの投資を検討する際は、自身のリスク許容度や投資目的を慎重に吟味し、適切な投資判断を下すことが重要です。

また半導体産業の将来性を評価しつつ、その高いリスク特性にも留意しながら、慎重に検討する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました